蜂退治の前に有効な対策を習得

自宅付近で蜂の巣を見かけた場合は業者に相談を行ないましょう。

刺激を与えない蜂退治と正しい対策

駆除業者は蜂を退治するのに必要な知識や技術をしっかりと習得しているため、スムーズに駆除を行なうことが可能です。ここでは駆除業者が実施している蜂への刺激を防ぐ対策や、対策を実施する際の注意点を紹介します。

まとめて退治するために

蜂が巣に戻ってから退治を行ないます (駆除業者)

蜂は昼間に外へ出て幼虫の餌となる昆虫などを捕まえ、夕方に巣へと戻る習性を持っています。そのため蜂を退治する場合は夕方に駆除作業を行なうようにし、巣に存在する蜂をまとめて退治します。昼間に駆除作業を行なってしまうと外出していた蜂が巣のあった場所へ戻り、付近の人に危害を加える可能性が高いです。しばらくすると蜂はどこかへ行ってしまいますが、なるべく攻撃される危険性を低くするために駆除作業は夜間かもしくは早朝に駆除作業を行なうのが一般的です。

間違った対策をしてはいけない

白い服を着ていれば大丈夫ですか?
蜂は黒や茶色などの色が濃い物に攻撃を仕掛ける習性がありますが、夜間は視界が悪くなりこういった色が認識しにくくなります。逆に白などの色は夜間でも認識しやすくなるため、白などの色が薄い服を着ていると攻撃を受ける可能性が高いです。そのため夜間に外出を行なう際は、白などの目立つ色の服を着用しないように注意しましょう。
蜂に刺された時に針を抜いたほうがいいですか?
蜂に刺された際は毒が体内に入るのを防ぐために、傷口から毒を抜く必要があります。毒を抜く場合は口で吸い出さずに、ポイズンリムーバーを使用したり傷口をつまんだりして毒を絞り出すのが適切です。また、ミツバチなどに刺された場合は傷口に針が残っていることがあるため、毒を抜く際は同時に針も摘出しておくようにしましょう。

TOPボタン